So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

「リーク」調査報告は捜査終結後 民主・高嶋氏(産経新聞)

 民主党の高嶋良充筆頭副幹事長は26日の記者会見で、小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入事件を受け同党が設置した「捜査情報の漏洩(ろうえい)問題対策チーム」の報告書の発表時期について、「捜査に圧力をかけていると思われたくない。ある程度の捜査が終結したころを見計らった方がいい」と述べ、東京地検特捜部の捜査に一定の結論が出るまで見送るべきだとの考えを示した。

【関連記事】
「リークあり得る」NHK担当者が視聴者に私見
鈴木宗男氏また検察批判「公平ではない」
小沢氏聴取 民主「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念
「リーク記事しか書かないマスコミ」公安委員長が批判
「まるで圧力団体」民主、検察&メディアに“あの手この手”

機動隊の同僚に暴行 千葉県警、隊員2人を戒告(産経新聞)
首相動静(1月24日)(時事通信)
<郵便不正事件>厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
20km以上?引きずり死亡、運転の左官工逮捕(読売新聞)
官房長官は発言撤回を=社民・照屋氏(時事通信)

女性警官の胸触りキスも=同僚の巡査部長停職−兵庫県警(時事通信)

 同僚の女性警官の胸を触るなどセクハラ行為を繰り返したとして、兵庫県警は22日、男性巡査部長(50)を停職3カ月の懲戒処分とした。
 県警によると、巡査部長は2008年春から09年2月にかけ、県西部の同じ警察署に勤める20代女性巡査に「付き合ってくれ」とメールを送信、車内で胸を触り顔にキスするなどしたという。
 県警の調査に対し、巡査部長は触ったことやキスは否認し、メールは悪ふざけのつもりだったなどと話しているという。
 昨年3月、同じ署の別の男性警官が朝礼で、セクハラ行為があったと発言したことから発覚。内部調査を進めていた。女性巡査が被害届を出さなかったため、事件としての立件は見送った。 

【関連ニュース】
わいせつ教員176人=過半数は教え子被害-08年度
キャバクラ労組を設立=女性従業員ら、職場環境の改善要求
女子学生にキス、教授を減給処分=富山大
元留学生にアカハラ認める=大学院講師らに賠償命令
セクハラで准教授を停職=女子院生の後つけ脱衣所に入る

小沢氏聴取、23日に決定…4時間ほど予定(読売新聞)
<訃報>湯川龍二さん93歳=元日本電設工業社長(毎日新聞)
寒立馬 地吹雪に耐え 青森・下北半島(毎日新聞)
稲嶺氏当選、基地固定化も現実味…再編に影響(読売新聞)
<窃盗>見張り役は小5、38歳父親を起訴 神戸(毎日新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。