So-net無料ブログ作成

<裁判員裁判>自殺未遂の長男刺殺…結審 求刑、下限の5年(毎日新聞)

 実刑か執行猶予か。自殺を図り、意識が戻らなくなった長男を刺殺したとして、殺人罪に問われた千葉県我孫子市の無職、和田京子被告(67)に対する裁判員裁判が21日、東京地裁(山口裕之裁判長)で結審した。検察側の求刑は法定刑の下限の懲役5年。殺人事件として極めて軽い求刑だった。冷静に事件と向き合ったように見えた裁判員は、どんな結論を出すのか。判決は22日に言い渡される。【長野宏美】

 ◇事実関係争いなく

 「どんな事情があっても人の命を奪うことは許されません」。午前10時過ぎ、検察官の論告が始まった。法壇の裁判官、裁判員に向かって、ゆったりとした口調で語りかけているようだ。

 「動機や経緯については同情すべきと考えています。八方ふさがりに近い状態だったのかもしれません」。被告の苦悩に理解を示す一方で、検察官は裁判員に疑問を投げかけた。長男正人さん(当時40歳)が自殺を図ってから事件まで10日間。意識が戻らないと決まったわけではないのだから、回復を期待して待つことも可能だったはずだという。

 健康保険の適用を受けるため、精神疾患だったと証明する努力が足りなかったのではないか。被告には多額の預貯金があるうえ、健康保険組合が一時的に医療費の立て替えを提案したのだから、当面は困らなかったはずだ。指摘を続けたうえで、検察官は「短絡的だった」と主張した。

 一方の弁護側は、主任弁護人の河合弘之弁護士が最終弁論に立った。「意識を回復して健康な状態に戻ることはあり得ず、希望のない延命治療に過ぎない」。保険給付を受けるために会社に協力を求めているし、病院に高額医療の中止も訴えた。「十分手を尽くした」と説明して執行猶予を求めた。

 動機は高額な医療費だけではないというのが弁護側の主張だ。長男の妻が「人工呼吸器を外す」と泣き崩れたことから、被告は「自分が捨て石になって処罰を受けることで皆が救われる。それが長男の願いでもある」と考えたという。

 ボランティアにも熱心だったという和田被告は、事件前日に民生委員を辞めていた。衝動的だったわけではなく、考えた末の行動だったようにもみえる。

 事実関係に争いはない。6人の裁判員が3人の裁判官と話し合って、刑の重さを決める。

 「もし自分が同じ立場だったらどうしますか。健全で優しい市民感覚で決めてほしい」。河合弁護士は裁判員にそう訴えて弁論を終えた。

【関連ニュース】
裁判員裁判:入院長男刺殺の母親に懲役5年求刑 東京地検
強姦致傷:異例 さらに10年求刑 強殺未遂で懲役25年
石巻2人刺殺:17歳少年を逆送…仙台家裁決定
精神医学:裁判員向け初の用語集出版
裁判員裁判:強姦致傷事件で厳罰化傾向 実施状況を公表

【Web】使ってみたアンドロイド携帯「ディザイア」(産経新聞)
<はやぶさ>6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え(毎日新聞)
本家・具だくさん「中華系ラー油」が人気 横浜中華街(産経新聞)
首相、普天間で職を賭す 進退問題への発展も(産経新聞)
支援法違憲訴訟 大阪も和解(産経新聞)

<口蹄疫>感染疑いの牛、新たに2頭発見 計14頭に 宮崎(毎日新聞)

 宮崎県都農(つの)町と川南町の畜産農家3戸で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」に感染した疑いが強い牛が見つかった問題で、農林水産省と県は22日夜、新たに川南町の別の農家の牛2頭も感染の疑いが強いと発表した。この農家は川南町内で確認された2戸の農家から400メートル以内にある。感染の疑いが確認されたのは、4農家で計14頭となった。

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に
口蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
口蹄疫:さらに6頭に感染の疑い 宮崎
口蹄疫:1週間さかのぼり調査へ 農水省
口蹄疫:宮崎の牛、新たに3頭疑い 計12頭に

福岡の鴻臚館史料一部焼く…放火の可能性(読売新聞)
社説検証 平沼・与謝野新党旗揚げ(産経新聞)
両陛下が武蔵陵墓地でご拝礼(産経新聞)
【視点】水俣病 第2の政治決着で前進(産経新聞)
南極海捕鯨、半減も視野=沿岸商業捕鯨再開へ−日本(時事通信)

「市長派」の阿久根市議、議会自主解散提案へ(読売新聞)

 竹原信一市長(51)が市議会への出席を拒否して混乱が続く鹿児島県阿久根市議会で、市長を支持する市議4人が、議会の自主解散決議案を開会中の市議会(16人)に提案することが8日、分かった。

 決議案の可決は、議員数(議長を含む)の4分の3以上が出席し、その5分の4以上の同意があれば可能。可決されれば議会は即日解散となるが、市議会は反市長派が12人を占めており、決議案は否決される見通し。

新設顧問に権限移管=元常務理事、現金受領継続目的か−家具厚生年金基金汚職(時事通信)
宮乃餅、復権 お土産ショップで一番人気 製造元も「予想外」 栃木(産経新聞)
渋谷の新しい顔は「ヒカリエ」(産経新聞)
ベテラン刑事を盗撮、その場で御用=容疑の31歳男−警視庁(時事通信)
出勤途中、男性殴られ軽傷=面識なし、男が逃走−滋賀(時事通信)

<訃報>鍋谷鉄巳さん80歳=元体操五輪選手(毎日新聞)

 鍋谷鉄巳さん80歳(なべや・てつみ=元体操五輪選手)4日、肝臓がんのため死去。葬儀は8日午後1時、東京都港区赤坂1の14の3の霊南坂教会。自宅は神奈川県鎌倉市小袋谷2の4の2。喪主は妻たか子(たかこ)さん。

 1952年ヘルシンキ五輪出場。54年世界選手権ローマ大会団体で銀メダル。

精神科医療の将来ビジョンの検討に向け始動−日精協・山崎新会長(医療介護CBニュース)
遺体は32歳韓国人女性=スーツケース事件−金沢(時事通信)
米NPRを歓迎 岡田外相、日本の安全保障「影響ない」(産経新聞)
金星探査機 「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開(毎日新聞)
車両基地から導線盗まれる=重さ2300キロ−神戸新交通(時事通信)

ラグビー元日本代表、鎌倉駅で転落死(読売新聞)

 3日午後9時30分頃、神奈川県鎌倉市のJR横須賀線鎌倉駅で、ラグビー元日本代表の会社員渡辺泰憲さん(35)がホームから転落し、津田沼発逗子駅行き下り普通電車にはねられ、死亡した。

 鎌倉署の発表によると、渡辺さんはホームでふらついた状態で立っていて、駅員が声をかけたが、その直後に線路に落ちたという。遺書は見つかっておらず、同署は、渡辺さんが誤って転落した可能性が高いとみている。

 渡辺さんは、日体大を経て1997年に東芝入社。東芝府中(現・東芝)では、フランカーとして04〜06年度のトップリーグ3連覇に貢献。日本代表としても07年のフランス大会までワールドカップに3大会連続で出場している。09年3月の現役引退後は、東芝本社に勤務していた。

築地移転予算が成立=現在地再整備検討の付帯決議も−東京都(時事通信)
【社会部オンデマンド】東京の特別区と政令市の区の違いは?(産経新聞)
深夜、川に飛び込みか 救助の男性死亡 大阪・淀川区(産経新聞)
中3女子生徒を大麻所持容疑で逮捕 神戸市(産経新聞)
北海道駒ケ岳 一部入山許可 噴火以降11年8カ月ぶり(毎日新聞)

<平等院鳳凰堂>壁画に下書き 平安の舞「延喜楽」(毎日新聞)

 平等院(京都府宇治市)は24日、鳳凰(ほうおう)堂内にある国宝「仏後壁前面画」に描かれていた舞楽が、延喜8(908)年に貴族、藤原忠房が作曲した舞楽「延喜楽(えんぎらく)」であることが分かったと発表した。平安時代中後期の舞楽の動作が確認できたのは初めてという。27日午後4時から平等院で、市比売(いちひめ)神社(京都市下京区)の「いちひめ雅楽会」が延喜楽を奉納する。

 仏後壁前面画は高さ約3.4メートル、幅約3.7メートル。本尊・阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)のすぐ後方に位置し、山や海、飛天が描かれている。

 平成大修理(03〜07年度)で本尊を移動させた際、近赤外線調査などで、舞台上で楽器の演奏に合わせて舞う舞人たちに下書きの線があることが判明。いちひめ雅楽会の飛騨富久主宰が、襲装束(かさねしょうぞく)の右肩部分を脱ぎ鳥兜(とりかぶと)をかぶった4人が両手を広げて体を傾けながら舞う延喜楽を描いたものだと判断した。

 27日の奉納見学には拝観料が必要。大人600円、中高生400円、小学生300円。問い合わせは平等院(0774・21・2861)。【藤田健志】

【関連ニュース】
曲水の宴:平安の風雅を堪能 岩手・平泉の毛越寺
雅楽:龍笛など演奏、「越殿楽」披露 福島・嶽駒神社で愛好家発表会 /福島
国民文化祭:東儀秀樹さん「音楽」で協力 /京都
雅楽体験学習:城陽小6年、「優雅な気分」演奏体験−−彦根 /滋賀
春への祈り:’10お水取り 厨子、正面へ「小観音後入」作法 外陣で祈り /奈良

コウノトリのヒナ、今年初めて孵化 兵庫・豊岡(産経新聞)
厚労省OB、70歳以上95人が所管団体在職(読売新聞)
4月の気温、北日本で低め=5月は全国的に高め−気象庁(時事通信)
電車内で痴漢行為、警視庁警部補を現行犯逮捕(産経新聞)
<福知山線事故>JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。